あなたの体温は高い?低い?平熱と身体のはたらきを理解しよう

みなさんは自身の平熱を知っていますか?平熱が少し低いという人や、やや高めという人まで様々だと思いますが、平均が36度台ということは知らない人はいないのではないでしょうか。36度を基準に体温が高い、低いといったことが判断されていますが、実はそれだけでは体温という情報を正確に扱っているとは言えません。体温は身体のバロメーターでもあるので、きちんと扱うことで健康管理に活かしていきたいですよね。今回はそんな体温について、平熱や高い、低いといったこと、そして体温のリズムなどを紹介していきます。

体温と平熱

 

まずは、体温のことについてその概要をみていきましょう。体温と平熱について挙げていきます。

平熱には個人差がある

冒頭でも触れましたが、平熱を把握しているという人はそう多くはなく、多くの人は36度という数字を基準にしているのではないでしょうか。中には、36度が平熱だと盲目的に信じている人もいるかもしれません。しかし、平熱は個人間で異なるものなのです。

 

 

 

日本人の平均は36.5度から37.2度の間とされています。こうしてみると意外と高いというイメージの人も少なくないでしょう。37度は微熱という認識の人がほとんどだと思いますし、平熱が35度台という人もよくみられます。実際には37度でも平熱ということがあるのですね。

体温は測る部位で違う

ご存知の方も多いと思いますが、体温は測る部位によって異なります。私たちは普段わきの下に体温計を入れて測る方法が一般的ですが、他に口や直腸で測る方法などもあります。体温計も、おでこや耳の穴で計測するものが出てきていますね。

 

 

 

体温は、当然ですが深部にいくほど高くなります。そして、深部ほど温度は安定しているということです。身体の表面に近いほど外気温や体温調節の影響を受けやすいということですね。体温を測る場合には、この深部体温に近いところでできるだけ測りたいということで、そちらの方がより正確とされています。

正しい体温測定とは

深部体温に近いところで測りたいと述べましたが、普段私たちが測っているわきの部分は表面に近い部位です。しかし、わきを閉じてじっとしていることで深部体温に近い数値が計測できるとされています。この場合正確な数値を出すには10分ほど必要とされており、市販の体温計が3分ほどでピピッと鳴って示しているのは予測も含まれているということです。

 

 

 

口腔や直腸ではそれより短い時間で済みますが、衛生管理の問題もあります。私たちの普段の生活で用いやすいのは、耳の穴で計測するものが簡便です。耳の穴は深部体温に近く、入れてボタンを押せばすぐに計測できるものがほとんどなので、体温計の購入を考えている人はこのタイプを探してみると良いでしょう。

体温が高いメリットと低いデメリット

 

体温や平熱についてみてきましたが、次は平熱が高いことや低いことについてみていきましょう。よく体温が高い方が良いということが言われていますが、高いメリットと低いデメリットは表裏一体となっています。

免疫力

体温が高いことのメリットとしてまず挙げられるのは、免疫力です。よく取り上げられているので多くの人が知っているでしょう。体温が1度低下するだけで、免疫は30%も低下してしまうと言われています。

 

 

 

私たちは日々何らかの菌やウィルスに触れています。完全な無菌状態はあり得ないためです。それでも健康を保っているのは、免疫力がはたらいているからということですね。体温が下がって免疫力が低下すると感染症にもかかりやすくなってしまいます。

代謝

体温が高いことのメリットとしては代謝もよく取り上げられます。エネルギーをつくるということは熱も生まれるということなので、体温が高いということは代謝も良いということになりますね。燃えやすい身体ということです。

 

 

 

体温が低くて燃えにくい身体ということは、それだけ蓄えやすくなってしまいます。熱をつくるというはたらきも低いので、冷えやむくみなどの原因にもなりますね。

アンチエイジング

免疫力や代謝に関連すると述べたように、体温が低い人ほど若さを保つことが難しいとされています。身体の内側の状態が良好でなければ、アンチエイジングも成り立たないということですね。

 

 

 

免疫が落ちて感染しやすかったり、代謝が落ちて身体のはたらきが低下してしまうと老化がどんどん進んでいってしまうということです。

体温のリズム

 

体温が高いことのメリットや低いことのデメリットをみてきましたが、次は体温のリズムについてみていきましょう。体温は常に一定に保たれているというのは、ある程度の幅の中での話です。

1日でのリズム

私たちの体温は、1日の中でも波ができています。体温がピークとなるのは夕方頃で、1日の活動でだんだんと上がってきた体温がピークを迎え、その後就寝に向けて下がっていきます。夕方に体温を測ると普段の認識よりも高く出るかもしれません。

 

 

 

就寝に向けて下がっていくのは、寝るときは体温が低い方が良いためですね。回復させる時間に身体を動かすエネルギーをつくるというのは矛盾してしまいます。そして、朝起きたときが体温が最も低いということです。

 

 

 

風邪を引いたときに、朝は熱が下がっていたけど夜はまた上がったということがあるのはこのリズムも関連しているということですね。これを踏まえて、時間帯ごとの自身の平熱を把握しておくことも大切と言われています。

女性周期のリズム

女性であればほぼ月に1度月経がきますが、それに伴って体温が変動しているというのはよく知られていますね。体温の変動を利用して排卵日を探り、妊活に活かすという方法は一般的です。

 

 

 

基本的には生理から排卵までが低温期、排卵から生理までが高温期です。これは排卵後に受精した場合、着床して受精卵が発育していくには体温が高い方が良いためです。不妊治療の一環として、基礎体温を上げるということも重要とされている理由ですね。

体温を上げるには

 

では最後に、体温を上げる方法について紹介していきます。免疫力や代謝を高め、健康的に過ごしていくために、普段から意識していきましょう。

熱を生み出すのは筋肉

エネルギーを作って熱を産生するのは、筋肉です。筋肉の量が体温の高さにつながるとも言われているので、筋肉を鍛えるということが体温を上げることには有効とされています。特に下半身の筋肉は全身の3分の2を占めるとも言われ、大きい筋肉も多いので重要です。

 

 

 

スクワットなどを取り入れ、下半身を鍛えることで老後の備えにもなります。普段の生活では少し大股で歩いてみるなど、下半身に負荷をかけていくと良いでしょう。

身体を冷やさない工夫

熱を作り出すということに加えて、身体を冷やさないようにすることも大切です。夏が旬の食べ物は身体を冷やす方向にはたらきます。今は通年食べられるようになっているので意識されにくいですが、トマトやキュウリなど夏が旬のものは身体が冷えるということを覚えておきましょう。

 

 

 

反対に、冬が旬のものは身体を温めるはたらきがあります。ネギなどがよく知られていると思いますが、これに根菜類を加えると内側から温めてくれるでしょう。

 

 

 

そして、できれば湯船にしっかりと浸かることで体温を上げる習慣をつけ、寒い時期は首筋や手首、足首、お腹を冷やさない工夫をすることで体温を保つことができます。

まとめ

 

体温について、平熱や高い、低いといったこと、そして体温のリズムなどを紹介してきましたがいかがでしたか?平熱には個人差があることや、個人の中でも波があるということは理解してもらえたかと思います。体温を高く保つことで健康も維持していけるので、普段から意識していきたいものですね。

 

 

 

まずは時間帯ごとの自身の平熱を把握することからはじめ、運動や食事など日常の中でできることをしていきましょう。

 

体温を上げるサプリメントランキング